薬剤師派遣お役立ちNavi

薬剤師という仕事は、薬の調合をする仕事なので、薬品の知識だけあれば大丈夫と思われがちなものです。
命に関わることですから、薬に関する膨大な知識は知っていて当然のことです。薬剤の知識があって初めて薬剤師としてのスタート地点に立てたというだけのことです。

HOME > ワーキングホリデーと薬剤師

ワーキングホリデーと薬剤師

ワーキングホリデーと薬剤師

海外で働きながら滞在することができる制度に、ワーキングホリデーがあります。海外生活に憧れているけれども経済的に不安と言う人には最適な制度です。 働きながら、その国の文化に触れたり、その国の言葉を覚えたり、また仕事を通して、様々な人とも仲良くなれることでしょう。ただ賃金はそれほど高くはありません。 そのために最初少しだけ働いてすぐに辞めてしまう人も少なくないようです。せっかく外国に来ているのに、大切な限られた時間が勿体ないと感じるようです。 それだったら、日本でアルバイトをしてお金を貯めてから外国に来て、時間を有効に使った方が良いと考えるようです。

ワーキングホリデーの目的の一つは、英語を中心にその国の言葉を覚えることでしょう。その国で働きながら生活をしていれば、それなりに日常会話くらいはマスターできるものです。 ただ、語学を覚えるかどうかは、その人の努力にかかっています。たとえば英語であれば、もともと日本人は中学、高校、大学と英語の勉強をしてきており、高い基礎英語力を身に着けています。 あとはその英語に慣れるだけのことです。慣れるためには、どれだけ多くの人と話し、英語を使うかなのです。その意味では、たとえば会社から派遣されて来たビジネスマンのような人たちの意識は高いですね。 派遣先で言葉が通用しなければ仕事になりません。ワーキングホリデーも海外派遣社員くらいのモチベーションを持って生活するなら語学の上達も早いことでしょう。

薬剤師に関して言えば、日本の薬剤師の国家資格では働くことができない場合が多いです。海外で薬剤師として働きたい場合は、その国の国家資格が必要になります。ただ、薬剤師派遣社員として海外研修に訪れたり、 薬剤師派遣員として国際協力に参加するという方法で、海外に来ることはできます。海外で薬剤師としての能力を試してみたい人はそのような方法も考えてみると良いでしょう。 あるいは、ワーキングホリデーの斡旋会社では、ボランティアを得意とするところがあります。ボランティアとして薬剤師派遣されるなら、様々な医療機関でボランティアとして働くことが可能になるかもしれません。 給料はもらえませんが、その国で有意義な時間を過ごすことはできます。特に、現場の薬剤師や医療関係者と交友できるということは、帰国してからの財産ともなることでしょう。

海外経験は一旦日本での生活を辞めてでも行って損はありません。人間的にも一回り大きく成長することができます。また、帰国後も英語力を武器にさらにステップアップすることが可能です。