薬剤師派遣お役立ちNavi

薬剤師という仕事は、薬の調合をする仕事なので、薬品の知識だけあれば大丈夫と思われがちなものです。
命に関わることですから、薬に関する膨大な知識は知っていて当然のことです。薬剤の知識があって初めて薬剤師としてのスタート地点に立てたというだけのことです。

HOME > 製薬メーカーにおける研究開発について

製薬メーカーにおける研究開発について

製薬メーカーにおける研究開発について

薬剤師は医療における薬のプロフェッショナルです。そのため、その就労先として製薬メーカーのような民間企業での新薬などの研究開発業務を行う薬剤師も当然ですがいます。 この製薬メーカーでの研究開発業務を派遣先として就労することができるかどうかですが、そもそも薬剤師は派遣業務ができることとされているのは薬事法により厳しく制限がなされているため、 例外があるのですがその例外に当てはまるかどうかは確認をした上でその業務にあたることが望ましいと言えます。

製薬メーカーでの勤務は、それまでその製薬メーカーでの研究開発により、臨床試験が行われた後の医薬品の臨床試験実施に関する基準をはじめとして、各種法的な制限や規則に則って調査や各種試験が通常行われます。 その結果を基にした薬が適正に使用するための情報などを収集したり分析したりするわけですが、最終的にその薬の評価を行うことも薬剤師の業務として重要視される傾向にあります。 それらの情報は適宜、各関係医療関などの関係者に伝達するための添付書類を作成することがあります。

この書類作成は具体的には国、厚生労働省などの役所に申請するために必要な情報を収集したり、 さらには状況が進んで役所への申請書類を作成したり、 管轄している独立行政法人なども含めた関係する公的機関に対して、いろいろな添付書類が必要になりますが、 それら一式の申請書類の作成と提出などを薬剤師資格を持つ人が行う方がいいとされていますので、 そのような仕事が派遣業務であっても薬剤師資格保持者には求められることがあります。

新薬の開発により今まで救えなかった命が救える状態になる可能性もあるために、この新薬の開発業務は今後の日本のためにも重視して行われるべき業務であることには疑いようもありませんが、 かといって薬事法という法律は存在していますので、その法律などの範囲の中で薬剤師が派遣として認められる範囲の中で業務を行っていくことは重要であるとも考えられます。 新薬の開発などには長期にわたって行われることが少なくありませんので、薬事法での薬剤師の派遣業務の例外としてある紹介予定派遣で薬剤師を雇用するなどの方法はあり得る話です。 そこで雇用期間が終了してもその後正社員として働くというのであれば、薬事法には違反しないこととなっているようですので、 そうした働き方でその製剤メーカーでの勤務を続けるといった雇用の仕方は考えられると言えます。