薬剤師派遣お役立ちNavi

薬剤師という仕事は、薬の調合をする仕事なので、薬品の知識だけあれば大丈夫と思われがちなものです。
命に関わることですから、薬に関する膨大な知識は知っていて当然のことです。薬剤の知識があって初めて薬剤師としてのスタート地点に立てたというだけのことです。

HOME > 海外から見た日本の薬剤師の特殊性と可能性

海外から見た日本の薬剤師の特殊性と可能性

海外から見た日本の薬剤師の特殊性と可能性

海外の状況から見ると、日本における薬剤師と薬局の人口に対する割合は多いのが特徴です。人口に対する比率は、世界で2番目となっている程です。 つまり、日本においてはそれほど地域住民にとって身近な存在であり、医者よりも気軽に医療について相談することができる、医療の専門家と言うことができます。

元々、海外も含めて、薬剤師と言う存在は、医療に対する窓口的役割があると言われています。しかし、海外と比べると日本が特殊なのは、在宅医療にと言った人生の終末期にまで薬剤師が関わっていると言う点にあります。 即ち、人の人生のあらゆる時点において、継続的に健康をサポートする役割を担っていると言う特殊性があるのです。この特殊性は、決して悪いものではなく、海外で考えられている薬剤師と言う存在を超えた、 日本独自の薬剤師の役割を示す特殊性です。即ち、地域住民にとって、最も身近で、人生のあらゆる時点でかかわりを持つ医療の専門家としての役割を果たしていると言う点です。

このような日本の薬剤師の特殊性は、可能性へと通じます。特に日本における在宅医療での薬剤師の活躍のようなことは、まだ海外では実施されていはいないのです。それだけではありません。 薬剤師と言うと女性の方が多いと言う特徴がありますが、その特徴のために、結婚や出産によって職場を離れてしまうと言うことが多々あります。しかし、日本においては、派遣薬剤師と言う働き方があるために、 海外と比べると、結婚や出産を経た薬剤師経験者が、比較的容易に再び医療の現場に復帰できる可能性が高いのです。何故ならば、派遣の場合ですと、正社員で働く場合と比べて、労働時間や出勤日数を選択する自由度が増すため、 家事をしながら、空いた時間だけ薬局で働くと言う勤務スタイルをとることができるからです。しかも、現在では、都市部においても、地方でも、どこの薬局も薬剤師が不足しているために、 その穴を埋めるために派遣で働く人を求めているのです。

このように、日本の医療の現場においては、海外と違って薬剤師が果たす役割は、地域住民に最も近い医療専門家と言う特殊性を持ったものですが、それは同時に可能性を有した存在なのです。今後は、 日本は世界に先駆けて高齢化社会に進んでいきます。その中で、このような特殊性が、今後は日本と同様に高齢化社会を迎えるであろう世界の国々にとって手本となり、世界の医療現場のあり方を導いていく存在となる可能性があるのです。