薬剤師派遣お役立ちNavi

薬剤師という仕事は、薬の調合をする仕事なので、薬品の知識だけあれば大丈夫と思われがちなものです。
命に関わることですから、薬に関する膨大な知識は知っていて当然のことです。薬剤の知識があって初めて薬剤師としてのスタート地点に立てたというだけのことです。

HOME > 外国の薬剤師事情

外国の薬剤師事情

外国の薬剤師事情

日本で薬剤師の資格を持っていれば、正社員として働くことも難しくはありませんし、派遣の求人もたくさんあります。しかし、これは日本の特殊な状況であることは認識しておかなければならないでしょう。 国によって事情は異なります。仕事があるのかどうか、あるいは給料が良いのかどうかは需要と供給によって決まります。

需要の高い地域であれば、高い給料を支払ってでも働いて欲しいと考えるのが普通でしょう。 ですから、仕事はたくさんありますし給料も高い傾向があります。しかし、薬剤師がたくさんいる地域なら、高い給料を支払わなくても働いてくれる人はいます。そのため、求人は少ないですし、給料も安くなる傾向があります。 国によってこの事情は異なりますから、外国でも日本と同じように薬剤師の派遣が充実しているとは考えるべきではありません。

外国で薬剤師として働くためには、その国の資格が必要となります。国によっては資格制度が整えられていないこともありますし、逆に厳しいこともあります。先進国ならだいたい日本と同じような制度を持っていますが、 全てにおいて同じではありません。例えば、全く資格がなくても業務ができる国もあります。

外国で薬剤師の資格を取るためのもっともシンプルな方法は、その国で試験を受けて合格をすることです。考え方としては簡単なのですが、国籍がないところで試験を受けるためにはビザの問題もあって、 なかなか簡単なことではありません。また、語学力も必要となるのです。他の方法もあります。そもそも資格がなくても働くことのできる仕事を探すのはよい方法です。資格がなくても派遣先で研究を行うなどの仕事はありますし、 留学生や研修生などの形で滞在することができれば、いろいろな方法で働くことはできます。ただ、どの場合にもかなり大変だと言うことは知っておくべきでしょう。現実問題としてクリアしなければならない問題が山ほどあるのです。

外国で薬剤師の派遣として働きたい人にとっては、転職エージェントなどを利用するのはよい方法です。転職エージェントは仕事を見つけてくれるプロですから、条件を希望すればそれに合った仕事を見つけてくれる可能性は高いです。 グローバル化に合わせて転職エージェントも日本だけではなくて外国の仕事も紹介してくれるようになっていますから、外国で働きたいと思っている薬剤師の人でも登録をしておくと仕事を見つけられる可能性は高くなります。

次に、主な国別の特徴を見てみましょう。