薬剤師派遣お役立ちNavi

薬剤師という仕事は、薬の調合をする仕事なので、薬品の知識だけあれば大丈夫と思われがちなものです。
命に関わることですから、薬に関する膨大な知識は知っていて当然のことです。薬剤の知識があって初めて薬剤師としてのスタート地点に立てたというだけのことです。

HOME > 薬剤師のホスピタリティ

薬剤師のホスピタリティ

薬剤師のホスピタリティ

薬の知識以上に薬剤師や薬剤師派遣にはホスピタリティが求められています。一見関係が無いように見えるかも知れませんが、誰のために薬を作るのか考えてみればわかります。 病気で苦しむ患者さんの不調を取り除くのが一番の仕事なのですから、相手の立場になって薬の調合が出来ることが大切になってくるのです。

ホスピタリティというのは非常に高度なスキルです。いかに親身になって話が聞けるか、どんな様子で薬局に来ているのか、常に患者さんへの観察を怠らずに相手に接しなければなりません。 患者さんは少なからず体の不調を抱えているので、肉体的にも精神的にも弱い立場です。薬剤師はそういった患者さんに直接関わりを持つ仕事ですから、不安を増長するようなことは出来ません。 このことから正社員でも派遣の薬剤師でも、どちらもホスピタリティをもつ必要があります。

薬を飲むことで、苦しい部分を和らげることは出来ます。さらに薬剤師や薬剤師派遣のホスピタリティによって、不安な心のケアも出来ますし、薬の効果が高まることもあります。 患者さんの中には話を聞いてもらうだけで、症状が楽になったという人もいるのではないでしょうか。薬剤師自身が心を開いて、何とか患者さんに楽になって欲しいという思いがあれば、必ず相手にも伝わります。 反対に少しでも、嫌な思いを与えてしまえば患者さんの苦痛が増してしまいますから、応対には最大限の注意を払う必要があります。

そうは言っても簡単に行かないのが、ホスピタリティの難しいところです。サービス業では何でもそうですが、相手の立場に立つ、自分が相手だったらどのように対応してもらえると嬉しいのか常にシミュレーションしてみましょう。 最初は大変かも知れませんが、スキルアップしてくるにつれて、ほんの些細な仕草や声のトーンから、相手の望んでいることがわかるようになってきます。そしてその望みをすかさず実践するようにすれば、 相手とのコミュニケーションが図りやすくなり、ホスピタリティも発揮しやすくなります。薬剤師は一見陰の仕事のように見えますが、患者さんの心を支えることの出来る素晴らしい仕事です。