薬剤師派遣お役立ちNavi

薬剤師という仕事は、薬の調合をする仕事なので、薬品の知識だけあれば大丈夫と思われがちなものです。
命に関わることですから、薬に関する膨大な知識は知っていて当然のことです。薬剤の知識があって初めて薬剤師としてのスタート地点に立てたというだけのことです。

HOME > 外国の薬剤師事情> イギリス

外国の薬剤師事情(イギリス)

イギリス

イギリスでは、日本以上に薬剤師は庶民の身近な存在です。原則として、すべての国民が無料で医療サービスを受けられるイギリスでは、毎日多くの人々が診察を希望します。 それ自体は素晴らしいことですが、問題点もたくさん抱えているのが現状です。

予約してもすぐに受診できないのは当たり前ですから、重病でない限り足が遠のくのも無理はありません。慢性疾患をもつ患者が多いといわれているイギリスでは、日常的に医療の力が必要になるケースが多くあります。 にもかかわらず、求めたときに迅速にサービスを受けられない状態にあるのです。

そんなとき、街角にある薬局で親身に相談に乗ってくれる薬剤師は頼りになる存在です。体調相談や薬の見立てはもちろん、薬剤師の判断で慢性疾患の患者に対して処方箋を交付することもできるのです。 また、イギリスの薬局には、カウンセリング・ルームが設置されていることが一般的です。カウンセリング・ルームでは、禁煙指導や、糖尿病・喘息などの慢性疾患の患者に対するアドバイスを行います。 このように、医師に代わって患者にかかわることが求められるため、イギリスの臨床薬剤師養成のための大学では、日本より整った環境で高度なスキルを学ぶことになります。

薬剤師として働くには、まず4年間の薬剤修士課程を修了して、修士号を取得しなければなりません。その後、自らが選んだ病院や地域の薬局で実務研修を1年受け、はじめて薬剤師国家試験を受験することが可能となります。 実務研修では、薬剤師に必要なありとあらゆる知識と使命感を叩きこまれます。こうして一流の教育を受けて難関を突破した人材だけが、薬のスペシャリストとして薬剤師の仕事に従事することになります。 薬剤師が、医療のゲートキーパーとして非常に重要視されているというイギリスの医療事情を考えれば、実際に業務に携わるまでの険しい道のりも納得できるのではないでしょうか。

日本から派遣の薬剤師としてイギリスで働きたいという場合、通常は現地の薬学部を卒業し、英国ロイヤル薬学協会の認可を受けた機関での1年間の研修が必要です。 短期の派遣で働きたいという場合には、日本人向けの薬局で働くという手もありますが、基本的には、現地の試験に合格するしかなく、イギリスで薬剤師として働くことは非常に難しいといえそうです。 どうしても派遣で働きたい場合は、海外研修制度のある企業に就職することを考えてみるというのもひとつの方法です。